1日目:30歳を過ぎても英語を勉強するべき3つの理由

スポンサーリンク

インターネットは部屋の中に世界を持ってきた。

グリコの看板で有名な大阪の戎橋周辺は

中国人・韓国人・台湾人や、

世界中の国からの観光客であふれている。

もう、英語を勉強しないでいられる理由なんてない。

僕らは今すぐ英語を勉強するべきだ。

目次

英語を話せる日本人のはわずか28%

中学高校、長い場合大学でさらに4年間、

英語を勉強する。

それで日本人が英語を喋れる割合はわずか28%。

なぜこんなに低いのかというと、、

英語を喋ることで得られる

具体的なメリットが感じられないから、

みんな勉強しないからだ。

そこで、

英語を喋れることでえられる3つのメリットをご紹介します。

1つめ。英語を喋れると、転職に有利。

専門知識+英語。

この2つを掛け合わせると、

人材としてのレア度は一気に上がる。

実際、世界を相手にビジネスをしている会社は、

いつでも人を募集しているし、

リスクヘッジとしても、

英語を学ぶべきだ。

2つめ。社内で必要な人材になれる。

英語を喋れる日本人は多くないため、

海外の案件や、海外のお客さんとの対応の時に呼ばれることが多くなる。

海外との顧客対応を通して、

上司からも一目置かれる人材になることができれる。

その結果、

出世します。

3つめ。営業先が増える。

先日、世界レベルでの製品展示会に参加しましたが、

海外からのお客さんも多数きてくれました。

海外から日本のイベントにきてくれる方はみんな、

英語が流暢にしゃべれます。

みなさんほんとに英語がうまい。

海外からの電話応対もできれば、

全ての方を営業対象にすることができます。

その結果、営業先を増やすことができます。

英語で得られる3つのメリット、まとめ。

  1. 転職に有利
  2. 出世する
  3. 営業先が増える

メリットをおもいつくまま3つあげましたが、

デメリットはありません。

1度話せるようになれば忘れませんし、

みんなで英語をおぼえましょう!

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる