過去完了形「have+過去分詞」、受動態「be動詞+過去分詞」

スポンサーリンク

過去完了と受動態を組み合わせることで、「had been (過去分詞)」という形になり、「○○されていた」という意味を表します。

過去完了は、過去のある時点までに完了した出来事を表し、用法は、現在完了と同じように、

  • 完了・結果「~をした」
  • 経験「~したことがある」
  • 継続「ずっと~している」

以上の3つです。

目次

完了形の基本の形

HAVE+過去分詞

過去分詞とは、動詞の過去分詞形のこと。動詞には3つの活用(状態変化)があります。

例えばBe動詞では、

原形be/am/areI am at work.
過去形was/wereI was at work.
過去分詞形beenI have been at work for 2 hours.

動詞は、以上の原形・過去形・過去分詞形の3つの活用ができます。

受動態「~された」「~される」

受動態は、「主語+be動詞+過去分詞」の形です。

基本的には、物を主語に入れて「~された」「~される」という表現になります。

受動態と過去完了形は少し似ているので、いろんな教材とか見てると一緒に教えてることが多いですが、同時に覚えようとすると頭が混乱しちゃうかもなので、今日は過去完了形だけ覚えて、翌日以降に受動態を覚えるのがいいかもしれません。

例文としては、This machine was made in Japan.みたいな感じになります。

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる